現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第91回健康コラム ~カレー粉を使ったつけだれ~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
今回は『カレー粉を使ったつけだれ』です。
 夏によく食べるそうめんは、いつも同じつけだれで飽きてしまうという人も多いかもしれません。今回は、食欲を増進させるカレー味のつけだれをご紹介します。夏野菜をたっぷり入れていただくのがおすすめです。
 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019.8


カレーつけだれのそうめん
材料(2人分)
 
乾そうめん 2束(200g)
豚肉(こま切れ) 60g
たまねぎ 1/4個
プチトマト 6個
オクラ 4本
大さじ1
適量
こしょう 適量
カレー粉 大さじ1~1.5
めんつゆ(かけつゆの濃さ) 450mL
片栗粉 小さじ1
万能ねぎ 適宜
カレーつけだれのそうめん
 
つくり方
 
  1. ① そうめんはパッケージに記載の時間どおりゆでて、流水でもみ洗いをし水気を切る。
  2. ② たまねぎは薄切り、プチトマトは1個を4等分に、オクラは3等分に切る。
  3. ③ フライパンに油を引き、豚肉とたまねぎを入れて塩、こしょうをし、たまねぎがやわらかくなるまで炒める。
  4. ④ プチトマトとオクラを入れてから、カレー粉を入れて材料に絡めたら、めんつゆを入れて弱火で約7~8分煮る。
  5. ⑤ 片栗粉を小さじ1の水(分量外)に溶かし、とろみをつけて器に盛り、小口切りにした万能ねぎを散らす。

カレー粉のスパイス


市販のカレー粉は、ターメリック、コリアンダー、クミン、唐辛子等20種類以上のスパイスを混ぜ合わせたものです。


ターメリック
(ウコン)
クルクミンという特徴的な黄色い色素が含まれ、肝機能を高めたり、抗酸化作用が期待されています。
衣服につくと黄色いシミになりますが、紫外線で分解される性質があるため、石鹸で洗ってから天日干しすると消えていきます。
コリアンダー 熟した種子を乾燥させたものが使われ、消化促進や気分を落ち着かせるといわれています。
生の葉はタイ料理に使われるパクチーです。
アドバイス

そうめんだけでは栄養不足!

暑い夏に食欲がないからと、そうめんにめんつゆをつけて食べるだけの食事をしていると、たんぱく質やビタミン、ミネラル等の栄養素が不足して、夏バテしやすくなります。今回のように、ビタミンB群の多い豚肉、ビタミンやミネラルの多いトマトやオクラ等の夏野菜を一緒に摂るようにしましょう。


 ※栄養に関する情報は随時更新されていますので内容が変わる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参照 ENIF 医薬ニュース Vol.28 No.14 2019 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年09月23日

薬剤師のためのスキルアップセミナー

第1回目のセミナーは、認知症の第一人者である国立長寿医療研究センター 長寿医療研修センター長の遠藤英俊先生から認知症の最新情報についてご講義頂くと共に、認知症患者さんと、どのように共生していくのがよいか考えて頂く内容となっています。

2019年08月02日

気になる!研修・突げきレポート(検体測定室の最新情報をお届け!)

6月末の検体測定室の運営件数は1,724件!今回は、増加傾向にある検体測定室の最新情報をお届けします!

2019年07月12日

気になる!研修・突げきレポート(多職種合同ケア会議に参加して来ました!)

各専門職が“ふつうの暮らしに戻すための支援”を軸に意見を出し合うこの会議。薬の服用そのものに触れられることはあまりありませんが、薬剤師だから出来る情報提供もあるんです!

2019年07月04日

▶第90回健康コラム『~ダイエットをしましょう~』

今回は『ダイエットをしましょう』です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年06月14日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その3)

「ポリファーマシーについて考える」の第3弾!!今回は、副作用の視点から高齢者に注意が必要な薬剤の中で、睡眠薬についてです

2019年06月13日

▶第89回健康コラム『~メロンを使ったシャーベット~』

今回は、メロンの美味しさを口いっぱいに味わえるメロンのヨーグルトシャーベットをご紹介します。食後のヘルシーデザートにもおすすめです。

2019年05月09日

▶第88回健康コラム『~ロコモを予防しよう~』

ロコモとは、加齢にともない骨や関節、筋肉、神経といった運動器の機能が衰えることによって立ったり歩いたりする移動機能が低下した状態のことです。運動や食事でロコモに負けない体作りを目指しましょう。

2019年04月26日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その2)

「ポリファーマシーについて考える」の第2弾!!今回は、高齢者に注意が必要な薬剤という観点から考えてみました!