現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第87回健康コラム ~そら豆を使った天ぷら~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
今回は『そら豆を使った天ぷら』です。
 そら豆の旬は4~6月。塩ゆでや炒め物、卵とじ等いろいろな料理で楽しむことができます。今回はシンプルにそら豆とエビの天ぷらです。旬のそら豆のほっこり感とエビのぷちぷち感を一緒に楽しめる組み合わせです。
 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019.4


そら豆とエビの天ぷら
材料(2人分)
 
そら豆 100g
むきエビ 60g
1個
適量
小麦粉 50g
適量
適量
揚げ油 適量
そら豆とエビの天ぷら
 
つくり方
 
  1. ① そら豆は2分程度ゆでて皮をむく(やわらかければそのままでもよい)。
  2. ② むきエビは酒と塩で揉んで少し置いてから、水でよく洗い流す(大きければ一口大に切る)。
  3. ③ 卵を割って計量カップに入れ、100mLの目盛りまで水を加える。
  4. ④ ③をボウルに入れて卵を溶き、ふるった小麦粉を入れてざっくりと混ぜる。
  5. ⑤ そら豆とエビに小麦粉(分量外)を軽くまぶし、④の衣に軽くつけ、
      スプーンで適当なかたまりにして170℃の油にそっと入れて揚げる。
  6. ⑥ 揚がった天ぷらを器に盛り付けて、お好みで塩又はレモンをかけていただく。

そら豆の特徴


栄養 糖質や脂質の代謝を促す働きがあり、疲労回復にもよいビタミンB₁とB₂が特に多く含まれています。
ほかに、貧血を予防する鉄、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富です。
豆の皮には食物繊維が多く含まれています。新鮮なものは皮がやわらかいので、そのまま食べられます。
選び方 さやが濃い鮮やかな緑色で、うっすらと産毛がついているものがよく、
豆の形が揃っているものを選びましょう。
保存方法 栄養価が落ちやすいため、購入後すぐにゆで、ビニール袋に入れて冷蔵保存します(3日程度)。
豆知識

中国の四川発祥で中華料理によく使われる「豆板醤(トウバンジャン)」の「豆」は、
そら豆のことを指しています。豆板醤は、そら豆と唐辛子等を発酵・熟成させて作ります。





 ※栄養に関する情報は随時更新されていますので内容が変わる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参照 ENIF 医薬ニュース Vol.28 No.6 2019 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年04月12日

▶第87回健康コラム『~そら豆を使った天ぷら~』

今回はそら豆を使ったレシピをご紹介します。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年04月02日

気になる!研修・突げきレポート(出来なくても大丈夫?!な脳エクササイズ)

メディアや街の健康イベントなどでも取り上げられることの多い「脳トレ」。今回はその脳トレと同様に脳の活性化を促すエクササイズ「シナプソロジー」をご紹介!

2019年03月08日

2019年度 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナー ~愛知学院大学だからできる医師から学ぶ~ 初心者のための在宅医療とフィジカルアセスメント

 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナーでは、医師を含めた充実の講師陣による確かなカリキュラムと豊富な実技研修で、実践に繋がる卒後教育を実施しています。  来年は医薬品医療機器等法改正が予定されており、薬局に対して、「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援する」ことを強く求められております。そのため、さらに患者さんの状態をより深く理解する必要があります。地域医療に貢献できる「かかりつけ薬剤師」への第一歩としてフィジカルアセスメントスキルを基礎からしっかりと習得していただければ幸いです。

2019年03月07日

▶第86回健康コラム『~花粉症をやわらげる食品~』

今回は『花粉症をやわらげる食品』のご紹介です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年03月03日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

今年度最後のセミナーは、患者さんの検査値から生活習慣を読み解き、食事療法に活かす方法、 病院と薬局が連携して患者さんを支援していく方法について、具体的な実例から学びます。 また、ランチョンセミナーでは、患者さんや血糖値の気になる方に、ぜひおススメしたいデザートを、管理栄養士からのウンチク(解説)付きでご紹介します。 試食あり!  この機会に、ぜひ味わってみて下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

2019年02月28日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その1)

近年、「ポリファーマシー」が注目され、薬局でもその対策に力を入れていますが・・・そもそも、なぜポリファーマシーは問題なのでしょうか?原因は何なのでしょうか?一度立ち返りながら、減薬提案できる方法をシリーズで考えていきます!

2019年02月07日

▶第85回健康コラム『~小松菜を使ったデザート~』

今回は『小松菜を使ったデザート』のレシピをご紹介致します♪小松菜の旬は12月から3月にかけてで、霜が降りる冬場は特に甘みが増すのが特徴です。

2019年02月05日

気になる!研修・突げきレポート(愛知県薬剤師会・患者のための薬局ビジョン事業)

今回は1/13に名城大学八事キャンパスで行われた薬剤師会会員向け研修会の一部をご紹介。「検体測定室」を設置する薬局も徐々に増えてきましたが、その意義や運営上の注意点とは?今後の薬局作りに役立つ話が盛りだくさんの1日でした!