現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第85回健康コラム ~小松菜を使ったデザート~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
今回は『小松菜を使ったデザート』です。
 小松菜の旬は12月から3月にかけてで、霜が降りる冬場は特に甘みが増します。小松菜は、炒め物、煮物、お浸し、和え物等の料理に活用できる野菜ですが、今回は小松菜の味がほんのり感じられるムースをご紹介します。
 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019.2


小松菜のムース
材料(約4人分)
 
小松菜 1株
粉ゼラチン 5g
50mL
牛乳 100mL
生クリーム 100mL
プレーンヨーグルト 大さじ1
砂糖 大さじ1~2
はちみつ 大さじ2
小松菜のムース
 
つくり方
 
  1. ① 小松菜は、細かく切ってやわらかめにゆでておく。
  2. ② 水に粉ゼラチンを入れ、レンジで少し温めて溶かす。
  3. ③ ①、②、牛乳、プレーンヨーグルト、砂糖、はちみつをミキサーにかける。
  4. ④ ボウルに生クリームを入れ、泡立て器やハンドミキサーで軽くツノが立つまで泡立てる。
  5. ⑤ ボウルに③を入れて混ぜた後、容器に入れて、冷蔵庫で冷やし固める。

小松菜の特徴


栄養 カルシウムが非常に豊富で100gあたり1日推奨量の約1/4の170mg含まれています。また、抗酸化作用が強く、免疫力を高めるβ-カロテンや、体内の余分なナトリウムの排泄を促すカリウムも豊富です。
選び方 葉は濃い緑色で肉厚のもの、茎はピンとして短く厚く根元がしっかりしているものが新鮮です。
保存方法 湿らせた紙で包み、冷蔵庫へ立てて入れます。傷みやすいため、早めに調理しましょう。
豆知識

江戸幕府第8 代将軍の徳川吉宗が、現在の東京都江戸川区小松川に鷹狩りで訪れた際、
この地で多く栽培されていた青菜を献上したことから、
この青菜を「小松菜」とよぶようになったといわれています。




 ※栄養に関する情報は随時更新されていますので内容が変わる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参照 ENIF 医薬ニュース Vol.27 No.24 2018 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年06月14日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その3)

「ポリファーマシーについて考える」の第3弾!!今回は、副作用の視点から高齢者に注意が必要な薬剤の中で、睡眠薬についてです

2019年06月13日

▶第89回健康コラム『~メロンを使ったシャーベット~』

今回は、メロンの美味しさを口いっぱいに味わえるメロンのヨーグルトシャーベットをご紹介します。食後のヘルシーデザートにもおすすめです。

2019年05月09日

▶第88回健康コラム『~ロコモを予防しよう~』

ロコモとは、加齢にともない骨や関節、筋肉、神経といった運動器の機能が衰えることによって立ったり歩いたりする移動機能が低下した状態のことです。運動や食事でロコモに負けない体作りを目指しましょう。

2019年04月26日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その2)

「ポリファーマシーについて考える」の第2弾!!今回は、高齢者に注意が必要な薬剤という観点から考えてみました!

2019年04月25日

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

誠に勝手ながら次の期間休業とさせて頂きます。■休業期間:4/27(土)~5/6(月)■ 5/7(火)より営業いたします。尚、休業期間中はメールによるお問合せは受付しておりますが、5/7以降の対応となります。ご迷惑おかけしますがご了承の程お願い申し上げます。

2019年04月12日

▶第87回健康コラム『~そら豆を使った天ぷら~』

今回はそら豆を使ったレシピをご紹介します。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年04月02日

気になる!研修・突げきレポート(出来なくても大丈夫?!な脳エクササイズ)

メディアや街の健康イベントなどでも取り上げられることの多い「脳トレ」。今回はその脳トレと同様に脳の活性化を促すエクササイズ「シナプソロジー」をご紹介!

2019年03月08日

2019年度 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナー ~愛知学院大学だからできる医師から学ぶ~ 初心者のための在宅医療とフィジカルアセスメント

 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナーでは、医師を含めた充実の講師陣による確かなカリキュラムと豊富な実技研修で、実践に繋がる卒後教育を実施しています。  来年は医薬品医療機器等法改正が予定されており、薬局に対して、「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援する」ことを強く求められております。そのため、さらに患者さんの状態をより深く理解する必要があります。地域医療に貢献できる「かかりつけ薬剤師」への第一歩としてフィジカルアセスメントスキルを基礎からしっかりと習得していただければ幸いです。