現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第80回健康コラム ~骨を丈夫にしよう~
「管理栄養士のイキイキ栄養講座」をご紹介☆
このイキイキ栄養講座は、実際の患者さんの相談を基に管理栄養士がアドバイスをするコーナーです。今回は『骨を丈夫にするには?』です。
患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018.9

 今回の相談内容
悩む女性

この前、病院で骨密度を測ってもらったが、去年より低くなっていた。
カルシウムを摂るよう先生に言われたけど、毎日乳製品や小魚を食べればいいの?

 ワンポイントアドバイス!

骨を強く作るためにはカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収を助けるビタミンD
骨を作るために必要なビタミンKといった栄養素も大切です。

カルシウムの多い食品

1日の目安量 650~800㎎

低脂肪牛乳 がんもどき いわしの煮干 無脂肪ヨーグルト 小松菜 木綿豆腐

ビタミンDの多い食品

1日の目安量 5.5μg

いわし 鮭 まいたけ

ビタミンKの多い食品

1日の目安量 150μg

モロヘイヤ ほうれん草 納豆

 食事の注意点

牛乳を飲む男性骨を強くするために牛乳やチーズなどの乳製品、煮干しや干しエビなどの小魚を
1日にたくさん召し上がる方がいらっしゃいます。
しかし、これらの食品は脂肪やコレステロールもたくさん含まれています。

乳製品は低脂肪や無脂肪に変更、小魚は数本までと決め食べ過ぎないように気をつけましょう。

こんな食品もオススメ!


カルシウムを多く含む商品 サヤカ カルシウムキャンディー


e健康ショップでお取り扱いしています!



 ※栄養に関する情報は随時更新されていますので内容が変わる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2018年11月06日

▶第82回健康コラム『~減塩を始めましょう~』

今回は『減塩について』です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年10月22日

気になる研修・突げきレポート(健康イベント活用編)

今回は8月に開催された某新聞社主催の健康イベントに出店の、2つの薬局の取組みをご紹介!「これからの薬局が、地域住民の健康支援にどのように関わればよいか?」のご参考に!

2018年10月19日

フィジコのフィジカルアセスメント研修!

勉学・研修の秋!今回はフィジコを使用したフィジカルアセスメント研修についてご紹介。薬剤師によるフィジカルアセスメントは昨今、リスク管理としての副作用や薬効確認のため、注目されつつあります!

2018年10月12日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

第2回目のセミナーは、糖尿病の三大合併症のうちの1つである糖尿病腎症について、基礎知識からチーム医療の実際、さらには今後の薬局薬剤師に期待されることまで、長年、病院の臨床現場で糖尿病患者に対応されてこられた先生方にご指導頂く内容となっています。 この機会を、ぜひご活用下さい。

2018年10月03日

▶第81回健康コラム『~さつまいもを使ったおやつ~』

秋といえば、さつまいもの季節。今回は、タッパーに入れてレンジにかけるだけで簡単にできる、さつまいもケーキをご紹介します♪

2018年09月27日

2018診療報酬改定対策シリーズ ~その7・服用薬剤調整支援料編~

ファーマジョイ東海コンサルチームです。診療報酬改定対策シリーズ第7弾は「服用薬剤調整支援料」についてです。ポリファーマシーが注目されるようになって数年、この支援料が対策加速の起爆剤となるでしょうか?

2018年09月16日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

調剤報酬改定で「地域支援体制加算」が導入され、薬局薬剤師が地域医療連携に積極的に踏み出すことが求められています。 しかし、「どのように他職種と連携すればよいか?」とお悩みの方もいらっしゃるのでは・・・ そこで、今年度は、改正医療法で、複数の専門医療職が連携して対応すべきとの指針が出されている糖尿病の薬物療法を通して、他職種連携の進め方を考えるセミナーを企画しました。 この機会を、ぜひご活用下さい。

2018年09月06日

▶第80回健康コラム『~骨を丈夫にしよう~』

今回は『骨を丈夫にするには?』です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪