現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第76回健康コラム ~貧血を改善しよう~
「管理栄養士のイキイキ栄養講座」をご紹介☆
このイキイキ栄養講座は、実際の患者様の相談を基に管理栄養士がアドバイスをするコーナーです。今回は『貧血を改善しよう』です。
効率的な鉄分のとり方を学びましょう!!
患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪
 今回の相談内容
貧血女性

薬局に検診にて貧血を指摘された20代女性が来局されました。
「すこし立ちくらみがしたりしてはいたけど、貧血と聞いて驚きました。
 太りそうなのでお肉はあまり食べないようにしています。」

  貧血とは、血液中の赤血球の数やヘモグロビン(Hb)の濃度が低い状態をいいます。
  鉄欠乏性貧血は、鉄不足が原因で起こる貧血です。

鉄分の推奨量(1日)


男性推奨量 女性推奨量

鉄の多い食品

鉄には肉や魚に含まれるヘム鉄と、大豆や野菜に含まれる非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が吸収率が良いです(ヘム鉄10~20%、非ヘム鉄1~5%)。 非ヘム鉄はタンパク質やビタミンCと一緒に摂ると吸収率があがります。
タンパク質:牛乳、肉、魚、卵など
ビタミンC:レモン、ブロッコリー、キャベツ、キウイ、いちごなど
ヘム鉄 非ヘム鉄
 ワンポイントアドバイス!

食べる順番を変えてみましょう

貧血の場合は、食物繊維が鉄の吸収を妨げてしまうので、 ゆっくりとよく噛んでおかずから先に食べましょう。

 最初に 肉や魚のタンパク質のおかず を食べ、

          ↓

 次に 食物繊維を含んだサラダなど副菜 を、

          ↓

 最後に ごはんなど糖質 を食べます。


食事順序

鉄の吸収を阻害するものに注意!


  • ・タンニン(コーヒー、紅茶、緑茶等)
  • ・フィチン酸(穀物の外皮、玄米等)
  • ・食物繊維(おから、大豆、穀物の外皮、海藻類)

鉄を多く含む商品を利用しましょう

サンプラネット サヤカ鉄ゼリー
蜂蜜レモン、りんご、ぶどうの3種類
・1箱10個入り、1個に3.2㎎の鉄入り
・お弁当のデザートにぴったりです
・凍らせても美味しいです
サンプラネット サヤカ鉄ゼリー


薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年01月09日

▶第84回健康コラム『~高血糖を改善しよう~』

今回は『高血糖について』です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年01月04日

気になる研修・突げきレポート(2019・年頭所感/次の一手を考える!)

2019年…消費増税、薬機法改正など、今年も大きな出来事が目白押し!の薬局業界。皆さんはどう乗り切りますか?ピンチをチャンスに変えるには?

2018年12月27日

年末年始休業のご案内

誠に勝手ながら次の期間休業とさせて頂きます。■休業期間:12/29(土)~1/3(木)■ 1/4(金)より営業いたします。尚、休業期間中はメールによるお問合せは受付しておりますが、1/4以降の対応となります。ご迷惑おかけしますがご了承の程お願い申し上げます。

2018年12月13日

▶第83回健康コラム『~レモンを使った肉料理~』

今回は『レモンを使った肉料理』をご紹介致します。レモンは輸入物と国産があり一年中お店で見かけますが、国産レモンの旬は12~3月頃です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年12月11日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

第3回目のセミナーは、糖尿病患者の生活状況の観方を学ぶことをテーマとしており、とりわけ糖尿病と関係の深い「口腔ケア」と「運動」について専門家の観方を学びます。ご指導頂くのは、在宅医療のご経験豊富な歯科医師、病院での運動療法のご経験豊富な理学療法士といった先生方です。それぞれ実際の臨床症例などを基にご指導頂く内容となっています。 この機会を、ぜひご活用下さい。

2018年12月11日

気になる!研修・突げきレポート(第51回日本薬剤師会学術大会)

石川県金沢市で9月に行われた日本薬剤師会学術大会のレポートです。シンポジウムや発表の中で、気になったテーマや見聞きしてきたことをお伝えします!

2018年11月26日

気になる研修・突げきレポート(健康救急フェスティバル)

普段は運営側スタッフとして参加することの多い健康イベント。今回は、いち市民として、とあるイベントに参加してきました!

2018年11月06日

▶第82回健康コラム『~減塩を始めましょう~』

今回は『減塩について』です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪