現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第75回健康コラム ~かぶを使った味噌汁~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
今回は『かぶを使った味噌汁』です。
 かぶの旬は春と秋~冬の年2回で、春のかぶは皮が薄くてやわらかく、みずみずしいのが特徴です。今回は、かぶとれんこんをすりおろした、体も温まり胃腸にもよい味噌汁をご紹介します。
 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい。

かぶとれんこんのすりおろし味噌汁
材料(2人分)
 
鶏肉 50g
かぶ 100g(小2個)
れんこん 100g
ほうれん草 50g
だし汁 400mL
大さじ1
みりん 小さじ1
味噌 大さじ2~3
ゆずの皮 適宜
こんにゃくステーキ
 
つくり方
 
  1. ① 鶏肉は一口サイズに切り、かぶとれんこんは皮をむいた後、すりおろしてザルに入れ、軽く水気を切る。
  2.   ほうれん草はさっとゆでておく。
  3. ② 鍋にだし汁と酒、みりんを入れて火をかけ、煮立ったら鶏肉を加えて火を通す。
  4. ③ 味噌を少し多めに入れた後、すりおろしたかぶとれんこんを鍋に入れ、弱火にして沸騰させないようにし、軽く混ぜる。
  5. ④ ③を器に入れ、ほうれん草とゆずの皮を添える。

かぶの特徴


栄養 かぶは、白い根にも葉にも、多くの栄養成分が含まれています。葉は緑黄色野菜で、β-カロテンやビタミンC、カルシウムが豊富です。白い根は淡色野菜で、ビタミンCやカリウム、食物繊維が含まれています。葉と根の両方に含まれているグルコシアネートという辛味成分には、がん予防効果が期待されています。
選び方 葉がピンとして緑色が濃いもの、根はひげ根が少なく、きれいな白色でひび割れしていないものがよいです。
保存方法 葉は根の水分を吸い上げやすいため、葉と根は早めに切り離します。葉は早めに使い、根は新聞紙で包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。
豆知識

れんこんに含まれるタンニンというポリフェノールは、胃の炎症を抑えたり、止血作用があるとされています。
また、かぶの根に含まれている消化酵素のジアスターゼは、消化を助け、胃もたれや胸焼けを防ぎます。
れんこんとかぶの食べ合わせは、胃腸の働きを助け、胃腸トラブルを予防してくれます。

参照 ENIF 医薬ニュース Vol.27 No.4 2018 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年04月12日

▶第87回健康コラム『~そら豆を使った天ぷら~』

今回はそら豆を使ったレシピをご紹介します。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年04月02日

気になる!研修・突げきレポート(出来なくても大丈夫?!な脳エクササイズ)

メディアや街の健康イベントなどでも取り上げられることの多い「脳トレ」。今回はその脳トレと同様に脳の活性化を促すエクササイズ「シナプソロジー」をご紹介!

2019年03月08日

2019年度 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナー ~愛知学院大学だからできる医師から学ぶ~ 初心者のための在宅医療とフィジカルアセスメント

 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナーでは、医師を含めた充実の講師陣による確かなカリキュラムと豊富な実技研修で、実践に繋がる卒後教育を実施しています。  来年は医薬品医療機器等法改正が予定されており、薬局に対して、「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援する」ことを強く求められております。そのため、さらに患者さんの状態をより深く理解する必要があります。地域医療に貢献できる「かかりつけ薬剤師」への第一歩としてフィジカルアセスメントスキルを基礎からしっかりと習得していただければ幸いです。

2019年03月07日

▶第86回健康コラム『~花粉症をやわらげる食品~』

今回は『花粉症をやわらげる食品』のご紹介です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年03月03日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

今年度最後のセミナーは、患者さんの検査値から生活習慣を読み解き、食事療法に活かす方法、 病院と薬局が連携して患者さんを支援していく方法について、具体的な実例から学びます。 また、ランチョンセミナーでは、患者さんや血糖値の気になる方に、ぜひおススメしたいデザートを、管理栄養士からのウンチク(解説)付きでご紹介します。 試食あり!  この機会に、ぜひ味わってみて下さい。皆様のご参加をお待ちしております。

2019年02月28日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その1)

近年、「ポリファーマシー」が注目され、薬局でもその対策に力を入れていますが・・・そもそも、なぜポリファーマシーは問題なのでしょうか?原因は何なのでしょうか?一度立ち返りながら、減薬提案できる方法をシリーズで考えていきます!

2019年02月07日

▶第85回健康コラム『~小松菜を使ったデザート~』

今回は『小松菜を使ったデザート』のレシピをご紹介致します♪小松菜の旬は12月から3月にかけてで、霜が降りる冬場は特に甘みが増すのが特徴です。

2019年02月05日

気になる!研修・突げきレポート(愛知県薬剤師会・患者のための薬局ビジョン事業)

今回は1/13に名城大学八事キャンパスで行われた薬剤師会会員向け研修会の一部をご紹介。「検体測定室」を設置する薬局も徐々に増えてきましたが、その意義や運営上の注意点とは?今後の薬局作りに役立つ話が盛りだくさんの1日でした!