現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第71回健康コラム ~人参を使った揚げ物~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
『人参を使った揚げ物』です。
人参は、スーパー等で1年中見かけますが、11~2月頃が旬の野菜です。
今回は、同じく冬が旬の鯛を、人参をすりおろしたふわふわの衣で包んだキャロット揚げのご紹介です。人参の甘みをほんのりと感じながら食べられる一品です。
患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい。

鯛のキャロット揚げ
材料(2人分)
 
鯛の切り身(小) 2切れ
人参 100g
大さじ1
適量
こしょう 適量
片栗粉 小さじ1.5
卵白 1/3個分
小麦粉 適量
揚げ油 適量
簡単とうもろこしスープ
 
つくり方
 
  1. ① 鯛は、1切れを3等分して、酒、塩、こしょうで味付けをする。
  2. ② 人参はすりおろして軽く水気を絞り、片栗粉、固めに泡立てた卵白と混ぜる。
  3. ③ 水気を拭いた鯛に小麦粉を薄くまぶし、②の衣を周りに薄くつける。
  4. ④ 揚げ油を160度に熱し、③を静かに入れ、カラッとするまで揚げる。
  5. ⑤ 油を切って盛り付ける。 ※鯛のほかに、タラやサワラ、肉のささみ等、淡白な食材で作るのもおすすめです。

人参の特徴


栄養 人参のオレンジ色はβ-カロテンという色素で、野菜の中でも非常に多く含まれています。β-カロテンは、体内で一部がビタミンAに変わり、活性酸素を抑制し抵抗力を高める、皮膚や粘膜を丈夫にする、目を健康に保つ等の働きがあります。
選び方 濃いオレンジ色で、表面がなめらかでツヤのあるものが良いです。また、切り口の部分の芯の直径が小さいものが新鮮です。表面が黒ずんでいたり、首の部分が緑色をしているものは、畑の土から出て日焼けしているため、やや鮮度が落ちます。
保存方法 葉がついている場合は、切り落として保存します。水気をよく拭いてからビニール袋や紙で包んで保存します。
~豆知識~

人参のβ-カロテンは、皮のすぐ下に多いため、皮を薄くむくか、無農薬のものを選び皮ごと食べるのがおすすめです。また、β-カロテンは、油と一緒に摂ることで吸収率が上がります。ほかにβ-カロテンが多い食材には、ほうれん草、ピーマン、ブロッコリー、かぼちゃ等があります。

参照 ENIF 医薬ニュース Vol.26 No.22 2017 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2018年04月18日

2018診療報酬改定対策シリーズ ~その2・調剤基本料編~

こんにちは、ファーマジョイ東海コンサルチームです。今回はシリーズの第2弾!<調剤基本料>についてです!今改定で、新たに作られた区分・変更点について詳しく説明していきます!

2018年04月13日

▶第75回健康コラム『~かぶを使った味噌汁~』

今回は『かぶを使った味噌汁』のレシピをご紹介します。かぶの旬は春と秋~冬の年2回で、春のかぶは皮が薄くてやわらかく、みずみずしいのが特徴です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年03月28日

2018診療報酬改定対策シリーズ ~その1・後発医薬品調剤体制加算編~

ファーマジョイ東海コンサルチームです。2018診療報酬・調剤報酬改定!皆様は、改定の内容をご覧になりましたか?今回の改定の中で、【特に薬剤師が知っておくべきポイント】について、全7回に分けてお伝えしていきます。今回はその第1弾!<後発医薬品調剤体制加算>についてです!

2018年03月09日

▶第74回健康コラム『~腸内環境を整えよう~』

今回のトピックは『腸内環境を整えよう』です。腸内環境を改善する食事を学んでみましょう!患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年02月25日

東邦薬品オープンセミナー 『経営基盤を固める!技術料UP講座』

患者から求められる薬剤師へステップアップしませんか? 4月からの調剤報酬改定にて、ヒヤリハット事例の報告やプレアボイドへの取り組みが求められるようになるそうです。 今回は、ハイリスク薬をテーマとして、どのように副作用を発見するのか?予防するのか?を考え、ヒヤリハット報告やプレアボイドの実践を想定した実習を行います。

2018年02月22日

気になる研修・突げきレポート!!(2/22 中島)

ファーマジョイ東海の中島です。気になる研修・突げきレポート第15弾!! 今回は題して「知られざる健康フェア開催の裏側!」地域住民の方々に喜んでいただくイベントにするためには、涙ぐましい事前準備があるのです・・・。

2018年02月18日

かかりつけ薬剤師として実践に活かしたい知識とスキルⅣ in名古屋

ますます薬剤師を取り巻く環境が厳しくなってくる中で、 「かかりつけ薬剤師」としての存在感を示すためには、 薬についての知識だけでは不足です。 ・しっかりとした栄養アセスメントをした上で、 ・適切な食事・栄養摂取の指導ができること も、求められます。 より実践的で、すぐ活用頂ける内容のセミナー です。 是非、この機会にご受講下さい。

2018年02月14日

▶第73回健康コラム『~こんにゃくを使ったステーキ~』

今回は『こんにゃくを使ったステーキ』のレシピをご紹介致します。1人分のステーキを2人で分けて、代わりにこんにゃくをプラスしてしっかり焼くことで、牛肉の旨味がしみた美味しいヘルシーステーキに変身! 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪