現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第63回健康コラム ~アサリを使ったスープ~
「管理栄養士がお届け!旬のレシピ」をご紹介☆
今回は『アサリを使ったスープ』です。
アサリには鉄分、造血作用のあるビタミンB、コレステロールの排除や動脈硬化予防に有効なタウリンなどが豊富に含まれています。
患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

1
アサリと新じゃがの辛味スープ
材料(2人分)
 
アサリ 約15個
新じゃがいも 3個
たまねぎ 1/2個
白ねぎ 1/2本
400ml
鶏がらスープの素 大さじ1/2
小さじ2
コチュジャン(お好みで) 大さじ1程度
アサリと新じゃがの辛味スープ
 
つくり方
 
  1. アサリを砂抜きする(水300mlに対して塩小さじ2程度の約3%の食塩水が目安)。
  2. 新じゃがいもは、皮をよく洗ってラップで包み、レンジで約3分加熱し、皮がついたまま大きめに切る。
  3. たまねぎも大きめに、白ねぎは4cm程度の長さに切る。
  4. 鍋に水と砂抜きしたアサリ、新じゃがいも、たまねぎ、白ねぎを入れて蓋をして、中火で加熱する。
  5. 沸騰したら、鶏がらスープの素、酒を入れて、コチュジャンで好みの味に調節する。

アサリの特徴

表 アサリの特徴
栄養 アサリの濃い旨味は、コハク酸というアミノ酸によるものです。また、特に鉄分が豊富で、造血作用のあるビタミンB12も多く含まれています。ほかに、余分なコレステロールを排出したり動脈硬化予防に有効とされるタウリンも多く含まれています。
選び方 殻の模様が鮮明でふっくらしているものが良く、殻は固く閉じていて、砂抜きをすると勢いよく水を噴き出すものが新鮮です。むき身なら、弾力とつやのあるものがおいしいです。
保存方法 砂抜き後、塩水につけたままラップをして冷蔵庫に入れるか、洗って水気を切り、保存袋で冷凍保存しましょう。
アドバイス
新じゃがの季節です♪
新じゃがは、春から初夏にかけて出回ります。水分が多く皮が薄いため、皮のまま食べることができ、普通のじゃがいもより、ビタミンCの含有量が多いのが特徴です。特に皮の近くに栄養が豊富で煮くずれもしにくいため、皮つきのまま揚げたりゆでたりして調理することがおすすめです。
参照 ENIF 医薬ニュース Vol.26 No.6 2017 http://www.enif-net.tv/

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2018年04月18日

2018診療報酬改定対策シリーズ ~その2・調剤基本料編~

こんにちは、ファーマジョイ東海コンサルチームです。今回はシリーズの第2弾!<調剤基本料>についてです!今改定で、新たに作られた区分・変更点について詳しく説明していきます!

2018年04月13日

▶第75回健康コラム『~かぶを使った味噌汁~』

今回は『かぶを使った味噌汁』のレシピをご紹介します。かぶの旬は春と秋~冬の年2回で、春のかぶは皮が薄くてやわらかく、みずみずしいのが特徴です。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年03月28日

2018診療報酬改定対策シリーズ ~その1・後発医薬品調剤体制加算編~

ファーマジョイ東海コンサルチームです。2018診療報酬・調剤報酬改定!皆様は、改定の内容をご覧になりましたか?今回の改定の中で、【特に薬剤師が知っておくべきポイント】について、全7回に分けてお伝えしていきます。今回はその第1弾!<後発医薬品調剤体制加算>についてです!

2018年03月09日

▶第74回健康コラム『~腸内環境を整えよう~』

今回のトピックは『腸内環境を整えよう』です。腸内環境を改善する食事を学んでみましょう!患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2018年02月25日

東邦薬品オープンセミナー 『経営基盤を固める!技術料UP講座』

患者から求められる薬剤師へステップアップしませんか? 4月からの調剤報酬改定にて、ヒヤリハット事例の報告やプレアボイドへの取り組みが求められるようになるそうです。 今回は、ハイリスク薬をテーマとして、どのように副作用を発見するのか?予防するのか?を考え、ヒヤリハット報告やプレアボイドの実践を想定した実習を行います。

2018年02月22日

気になる研修・突げきレポート!!(2/22 中島)

ファーマジョイ東海の中島です。気になる研修・突げきレポート第15弾!! 今回は題して「知られざる健康フェア開催の裏側!」地域住民の方々に喜んでいただくイベントにするためには、涙ぐましい事前準備があるのです・・・。

2018年02月18日

かかりつけ薬剤師として実践に活かしたい知識とスキルⅣ in名古屋

ますます薬剤師を取り巻く環境が厳しくなってくる中で、 「かかりつけ薬剤師」としての存在感を示すためには、 薬についての知識だけでは不足です。 ・しっかりとした栄養アセスメントをした上で、 ・適切な食事・栄養摂取の指導ができること も、求められます。 より実践的で、すぐ活用頂ける内容のセミナー です。 是非、この機会にご受講下さい。

2018年02月14日

▶第73回健康コラム『~こんにゃくを使ったステーキ~』

今回は『こんにゃくを使ったステーキ』のレシピをご紹介致します。1人分のステーキを2人で分けて、代わりにこんにゃくをプラスしてしっかり焼くことで、牛肉の旨味がしみた美味しいヘルシーステーキに変身! 患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪