現場で活かせる 『健康コラム 』

現場で活かせる 『健康コラム 』 一覧へ

管理栄養士がお届けする健康コラム
第62回健康コラム ユニバーサルデザインフード
~噛み難い、飲み込み難い時の食品の選び方~
在宅療養している高齢者のケアで重要なことの一つに、「食事」があります。 口から食事を摂るということには下記のように多くの利点がありますので、在宅療養においてもできる限り口から食事をとってもらいたいものです。
<口から食べる利点>
○視覚、嗅覚、味覚…などの感覚を使い、身体機能をフル活用して食べるため良い刺激になる
○食べ物を噛むことで脳が活性化し、唾液も出やすくなるので、口腔内の衛生状態がよくなる
○胃腸の動きが活発になる
しかしながら、年をとるにつれて、下記のような身体上の変化が起こることから、高齢者では食事も上手く摂れなくなってきます。
△様々な感覚の低下 → 料理の色合い・香り・味など感じにくくなり、食欲が減退すると共に、濃い味を好むようになる。
△噛む力が衰える → 柔らかいものばかり選ぶことで、栄養バランスが偏る
△唾液分泌量が減少する → 口腔内での液化や消化がうまくできず、飲み込みにくく、胃にも負荷をかけやすい
△消化吸収能力が低下する → 消化不良や下痢を起こしたり、また腸の活動能力低下から便秘をしやすくなる。
こうした高齢者の食事に対する特性を踏まえて、調理し、食事を用意することが理想ではありますが、在宅療養患者を抱えた家庭で、全て対応した食事を作りことはなかなか困難なことです。
そこで、活用して頂きたいのが今回ご紹介する「ユニバーサルフード」です。 これからの薬局では、こういった食品があることも踏まえて、患者さんやご家族に、食事についても適切なアドバイスを行っていくことが求められていくと考えます。


1
ユニバーサルデザインフード
ユニバーサルデザインフードのマーク
図1 ユニバーサルデザインフードのマーク

「ユニバーサルデザインフード」は、咀しゃく・嚥下に心配がある人向けの、日常の食事から介護食まで幅広く使用できる、食べやすさに配慮した食品のことをいいます。
咀しゃく・嚥下困難食といえば、高齢者向けの食事のイメージがありますが、ユニバーサルデザインフードは、一時的な口腔内(歯も含む)の疾患や喉の痛み等で固いものが噛み難い、飲み込み難いといった人が利用することも考えられています。
また、食事を調理する人も刻んだり、すり潰したりといった手間を負担に感じることもあるようですが、そういった負担軽減にも利用できると思います。
ユニバーサルデザインフードのパッケージには必ずマーク(図1)が記載されており、日本介護食品協議会が制定した規格に適合する商品だけについています。


おかゆイラスト 食事を食べる人も、提供する人もどちらも選びやすいよう、どのメーカーの商品にも「固さ」や「粘度」の規格により分類された4つの区分を表示しているので、この区分を目安にご利用に適した食品を選ぶことができます(表)。
表 ユニバーサルデザインフードの区分表

区分

噛む力の目安

飲み込む力の
目安

食品形態の目安

ご飯

固いものや大きいものはやや食べ難い

普通に飲み込める

軟飯

焼き魚

厚焼き卵

固いものや大きいものは食べ難い

ものによっては飲み込み難いことがある

軟飯~全粥

煮魚

だし巻き卵

細かく又は軟らかければ食べられる

水やお茶が飲み込み難いことがある

全粥

煮魚を細かくほぐしたもの

スクランブルエッグ

固形物は小さくても食べ難い

水やお茶が飲み込み難い

ペースト粥

白身魚のうらごし

やわらかい茶わん蒸し

2
マークの見方
商品のパッケージには下記の表示例のように、ユニバーサルデザインフードのマークとともに区分数値、区分形状を表示しています。
区分数値・区分形状の表示例
表示例2

表示例1


※ユニバーサルデザインフードのデザインは今後新しくなる予定です。下記「日本介護食品協議会ホームページ」を参照下さい。

参照 日本介護食品協議会ホームページ
編集 2017年1月 東邦薬品株式会社 医薬人材開発部 管理栄養士チーム ・ ファーマジョイ東海

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2017年11月19日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

今年度第2回目は、前回非常に好評であった「口腔ケア・嚥下」」をテーマとしました。 とりわけ今年度は、「嚥下機能」に注目し、薬剤師でもできる「スクリーニング方法」や「リハビリテーションの指導方法」、および摂食嚥下障害のある患者さんに対して多職種と連携して対応していく際のポイントなど、より実践的で、すぐにでもご活用頂きたい内容となっています。 地域で、求められる薬剤師であるために、是非、この機会にご受講下さい。 スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2017年10月29日

東邦薬品オープンセミナー 『経営基盤を固める!技術料UP講座』

※第2回以降の受付を開始しました※ 薬剤師が置かれている環境も大きく変わっています! 患者から求められる薬剤師へステップアップしませんか? 全4回開催いたします 【第2回】10月29日(日)調剤報酬・薬学管理シミュレート、【第3回】12月10日(日)コミュニケーションⅡ・乳幼児加算と指導のコツ、【第4回】2月25日(日)ハイリスク薬研修Ⅰ・Ⅱ

2017年10月13日

▶第69回健康コラム『~旬の果物を使ったパンチ~』

ぶどう・りんご・レモン・柿・梨など、おいしい果物が旬を迎える時期になりましたね!今回は、そんな『旬の果物を使ったパンチ』のレシピをご紹介します!

2017年09月25日

気になる研修・突げきレポート!!(日本在宅薬学会学術大会)

ファーマジョイ東海の市倉です。気になる研修・突げきレポート第10弾!!今回は7/29、30に行われた第10回日本在宅薬学会学術大会のリポートです。在宅医療における重要なキーワードが目白押し!な大会でした!

2017年09月12日

▶第68回健康コラム『~とろみ剤の使い方~』

今回は『とろみ剤の使い方』についてです!安全で有効な服薬・食事をするための、上手にとろみをつけるコツをご紹介致します!患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい

2017年08月21日

気になる研修・突げきレポート!!(マタニティフェア2017)

ファーマジョイ東海の羽田野です。気になる研修・突げきレポート第9弾!! 今回は7/21に行われた「マタニティフェア2017」のリポートです。 「ほんとに妊娠・授乳婦は薬をのんではいけないの?」といった薬の質問・疑問に答えるセミナーには、50名以上のプレママやママが参加し、皆さん真剣に話を聞いていました!

2017年08月20日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

今、薬局薬剤師は、「かかりつけ薬剤師」として実際に行動することを求められています。 この「薬剤師のためのスキルアップセミナー」のシリーズでは、これまでに「かかりつけ薬剤師」として身につけておきたい知識・スキルをご提案してきました。 今年度は、特に好評であった「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」「口腔ケア・嚥下」「認知症」「栄養摂取」について、より実践的な内容を学ぶ企画をご用意致しました。 第1回目は、薬局でできるロコモ予防の実践方法です。 地域で、真に頼られる薬剤師であるために、この機会を ぜひ

2017年08月14日

▶第67回健康コラム『~とうもろこしを使ったスープ~』

今回は『とうもろこしを使ったスープ』です。とうもろこしの実の根元の胚芽部分には、悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化予防の働きを持つリノール酸やビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEが多く含まれています。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪