セミナー・イベント情報詳細

薬剤師のためのセミナー・イベント情報一覧へ


平成29年度 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナー

名古屋市千種区
HOT初心者のための在宅医療とフィジカルアセスメント

 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナーでは、医師を含めた充実の講師陣による確かなカリキュラムと豊富な実技研修で、実践に繋がる卒後教育を実施しています。
 昨年度の診療報酬改定で「かかりつけ薬剤師」が制度化され、重複投与の確認はもちろんのこと、お薬を服用してからのフォローが重要であると言われております。地域医療に貢献できる「かかりつけ薬剤師」への第一歩としてフィジカルアセスメントスキルを基礎からしっかりと習得していただければ幸いです。


日時

2017年06月25日(日) 13:00-17:20


会場

愛知学院大学薬学部 薬学棟5階


【プログラム】
13:00-13:20  主催者あいさつ・オリエンテーション
13:20-13:30  実技内容・グループ分け

13:30-16:40  フィジカルアセスメント実技(各90分)
        ① バイタルサインの基礎
          【愛知学院大学薬学部 加藤宏一教授(Dr)】
        ② 聴診器で理解する呼吸器と循環器管理
          【愛知学院大学薬学部 鬼頭敏幸教授(Dr)】

16:50-17:20  在宅医療を始める前に知っておくこと
         ●在宅で使用されている医薬品・特定保険医療材料のご紹介
          【東邦薬品(株) ファーマジョイ東海 今井敬司】



定員に達しましたので申込は終了いたしました。

こちらの資料には下記の内容があります。

  • プログラム、お申込手順
詳細資料をダウンロード

会場地図

人の輪.comなら、あなたのパートナーとして一緒にステップを進んでいきます
お電話での登録もできます WEBからの登録はこちら

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2019年06月14日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その3)

「ポリファーマシーについて考える」の第3弾!!今回は、副作用の視点から高齢者に注意が必要な薬剤の中で、睡眠薬についてです

2019年06月13日

▶第89回健康コラム『~メロンを使ったシャーベット~』

今回は、メロンの美味しさを口いっぱいに味わえるメロンのヨーグルトシャーベットをご紹介します。食後のヘルシーデザートにもおすすめです。

2019年05月09日

▶第88回健康コラム『~ロコモを予防しよう~』

ロコモとは、加齢にともない骨や関節、筋肉、神経といった運動器の機能が衰えることによって立ったり歩いたりする移動機能が低下した状態のことです。運動や食事でロコモに負けない体作りを目指しましょう。

2019年04月26日

気になる!研修・突げきレポート(ポリファーマシーについて考える・その2)

「ポリファーマシーについて考える」の第2弾!!今回は、高齢者に注意が必要な薬剤という観点から考えてみました!

2019年04月25日

ゴールデンウイーク休業のお知らせ

誠に勝手ながら次の期間休業とさせて頂きます。■休業期間:4/27(土)~5/6(月)■ 5/7(火)より営業いたします。尚、休業期間中はメールによるお問合せは受付しておりますが、5/7以降の対応となります。ご迷惑おかけしますがご了承の程お願い申し上げます。

2019年04月12日

▶第87回健康コラム『~そら豆を使った天ぷら~』

今回はそら豆を使ったレシピをご紹介します。患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい♪

2019年04月02日

気になる!研修・突げきレポート(出来なくても大丈夫?!な脳エクササイズ)

メディアや街の健康イベントなどでも取り上げられることの多い「脳トレ」。今回はその脳トレと同様に脳の活性化を促すエクササイズ「シナプソロジー」をご紹介!

2019年03月08日

2019年度 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナー ~愛知学院大学だからできる医師から学ぶ~ 初心者のための在宅医療とフィジカルアセスメント

 愛知学院大学薬学部卒後教育セミナーでは、医師を含めた充実の講師陣による確かなカリキュラムと豊富な実技研修で、実践に繋がる卒後教育を実施しています。  来年は医薬品医療機器等法改正が予定されており、薬局に対して、「薬剤師が本来の役割を果たし地域の患者を支援する」ことを強く求められております。そのため、さらに患者さんの状態をより深く理解する必要があります。地域医療に貢献できる「かかりつけ薬剤師」への第一歩としてフィジカルアセスメントスキルを基礎からしっかりと習得していただければ幸いです。