セミナー・イベント情報詳細

薬剤師のためのセミナー・イベント情報一覧へ


薬剤師のためのスキルアップセミナー

名古屋市
HOTかかりつけ薬剤師として身につけておきたい知識とスキルⅣ

今年度のセミナー第4回目は、管理栄養士の先生より、積極的にサプリメントを活用して効果的に栄養を摂取する方法ついてご指導頂きます。これからの薬剤師は、薬剤のことだけでなく、患者の栄養状態をアセスメントする方法を身につけ、在宅療養患者の栄養状態について、医師や管理栄養士との連携を図っていくことが求められます。
地域の中で、より一層頼りにされる薬局・薬剤師になる一助として頂くために、是非この機会にご受講頂ける事を、心よりお待ち申し上げます。


日時

2017年03月05日(日) 10:00-16:00


会場

名古屋市立大学薬学部 実習棟


≪かかりつけ薬剤師として身につけておきたい知識とスキルⅣ プログラム≫

10:00-10:10 本日の流れ 注意事項の説明

10:10-12:10 【講義】栄養アセスメントから診る栄養診断
       ① 栄養診断と栄養処方設計の概要


右のボタンより、資料をダウンロードしてください。

詳細資料をダウンロード
人の輪.comなら、あなたのパートナーとして一緒にステップを進んでいきます
お電話での登録もできます WEBからの登録はこちら

薬剤師の転職・求人を完全サポート

あなたに合う求人が見つからない場合は、薬剤師専門のコンサルタントが、非公開求人を含めて転職活動をサポートします。

登録はこちら

お知らせ

一覧を見る

2017年12月10日

東邦薬品オープンセミナー 『経営基盤を固める!技術料UP講座』

※第3回のご案内です※ 今回は、コミュニケーションと乳幼児の服薬指導をテーマにしています。 どちらも、かかりつけ患者の獲得には重要なポイントが隠されています。 患者から求められる薬剤師へステップアップしませんか? 全4回開催いたします(残り2回) 【第3回】12月10日(日)コミュニケーションⅡ・乳幼児加算と指導のコツ 【第4回】 2月25日(日)ハイリスク薬研修Ⅰ・Ⅱ

2017年11月19日

薬剤師のためのスキルアップセミナー in名古屋

今年度第2回目は、前回非常に好評であった「口腔ケア・嚥下」」をテーマとしました。 とりわけ今年度は、「嚥下機能」に注目し、薬剤師でもできる「スクリーニング方法」や「リハビリテーションの指導方法」、および摂食嚥下障害のある患者さんに対して多職種と連携して対応していく際のポイントなど、より実践的で、すぐにでもご活用頂きたい内容となっています。 地域で、求められる薬剤師であるために、是非、この機会にご受講下さい。 スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

2017年11月10日

▶第70回健康コラム『~たんぱく質~』

今回は『たんぱく質』についてです。たんぱく質とは、筋肉・骨・血液・皮膚など、体をつくるときに必要な栄養素です。 皆さんは、1日の必要摂取量はどれ位かご存知ですか?是非、患者さんとのコミュニケーションにお役立て下さい。

2017年10月29日

東邦薬品オープンセミナー 『経営基盤を固める!技術料UP講座』

※第2回以降の受付を開始しました※ 薬剤師が置かれている環境も大きく変わっています! 患者から求められる薬剤師へステップアップしませんか? 全4回開催いたします 【第2回】10月29日(日)調剤報酬・薬学管理シミュレート、【第3回】12月10日(日)コミュニケーションⅡ・乳幼児加算と指導のコツ、【第4回】2月25日(日)ハイリスク薬研修Ⅰ・Ⅱ

2017年10月20日

VR認知症体験してきました!

ファーマジョイ東海の安田です。 最近流行りのVR。ゲームやテーマパークのアトラクションで体験したことがある方も多いと思います。そのVRを使った認知症体験セミナーに参加してきました!じわっと心理的に不安をかきたてられる体験でした。

2017年10月13日

▶第69回健康コラム『~旬の果物を使ったパンチ~』

ぶどう・りんご・レモン・柿・梨など、おいしい果物が旬を迎える時期になりましたね!今回は、そんな『旬の果物を使ったパンチ』のレシピをご紹介します!

2017年09月25日

気になる研修・突げきレポート!!(日本在宅薬学会学術大会)

ファーマジョイ東海の市倉です。気になる研修・突げきレポート第10弾!!今回は7/29、30に行われた第10回日本在宅薬学会学術大会のリポートです。在宅医療における重要なキーワードが目白押し!な大会でした!

2017年09月12日

▶第68回健康コラム『~とろみ剤の使い方~』

今回は『とろみ剤の使い方』についてです!安全で有効な服薬・食事をするための、上手にとろみをつけるコツをご紹介致します!患者さんとのコミュニケーションに是非お役立て下さい